中学生が学ぶべき英語と適した塾

中学生が学ぶべき英語と適した塾 中学生は本格的に英語を学んでいく時期になりますが、一番大切にしたいのはコミュニケーションを取ろうとする態度と、それに伴う会話力です。英単語や文法は高校生になってもかなりの勉強量がありますが、中学生はまずコミュニケーションをとるための基本的な読み方、話し方を身に付けておく必要があります。ここで、外国語を学べる塾は数多くありますが、なかでも発音やアクセントを身に付けるためには、英会話教室や外国人講師が開く塾に行くことです。

このような塾ではプリント学習などの座学中心ではなく、子どもに自由に英語に触れ合える機会を与えます。目で見て学ぶのも手段としてありますが、子供にとっては十分に現地の発音やアクセントに近い雰囲気を耳で感じとる、またはそれを真似してみることが、正しい発音で話せるために重要なことです。このように、学校で読み書き、塾では音で学ぶという学習により、総合的な力はぐんぐんと上がっていくはずです。

中学生の頃、英語の塾でリスニングのコツを教えてもらいました

中学生の頃、英語の塾でリスニングのコツを教えてもらいました 中学生の頃に英語が苦手で通っていた塾で、リスニングの勉強のコツを教えていただきました。英語の文章を読んだり書いたりするのは好きでしたが、リスニングはなかなか思うように点数が伸びず、また、苦手意識が強かったこともあって音読や会話が隙にはなれませんでした。そんなときに、塾の先生がディズニーなどのアニメやハリー・ポッターのシリーズを引き合いに出して、簡単なところからセリフを字幕で出して分析し、音声と比較して耳を慣らすやり方を勧めてくれました。自分の好きな作品の好きなキャラクターがしゃべっていることになら興味を持つかも、ということでしたが。

これが面白くなって、好きなシーンを繰り返し観て何を言っているのかをつかみ、そのまねをすることで自分の発音も変化していったように思います。リアルなセリフは教科書とは言い回しが違ったり、悩むこともありましたが、その部分については塾の先生に質問すると丁寧に解説してくれていて、それが方言のようなものだったり、流行りの言い方らしいということがわかるとさらに欲が出て勉強する意欲にもつながっていきました。

新着情報

◎2019/2/7

模試対策が選ばれる理由の一つ
の情報を更新しました。

◎2018/10/12

英語の長文を学ぶなら塾
の情報を更新しました。

◎2018/8/3

中学生が学ぶべき英語と適した塾
の情報を更新しました。

◎2018/7/15

サイト公開しました

「塾 リスニング」
に関連するツイート
Twitter

単語帳は、リスニングCDが聞きやすいものがお勧め。では、電子辞書に収録されているキクタンを使用しています。

戸山学院早稲田校は #英会話 必修で、小学校から大学まで英語による教育を受けたフィリピン人講師陣によるマンツーマンレッスン(スカイプ)を実施していますが、#リスニング が出来ないと #スピーキング は出来ないので、バランスを大事にしています。 pic.twitter.com/VtBnKi1ZaY

Twitter英会話必修:戸山学院@manabinoshiro

返信 リツイート 昨日 23:25

返信先:@monokusajiro 英語赤点ざんまいだった中学高校でも、リスニングが一番良かった!ものくさちゃんほどじゃないけど。洋楽歌えるようになりたい。 そして英米文学科だけど試験はムリ、講師のバイトも絶対無理と避けていた!

返信先:@tsuuu__u 増田の方ですよね? リスニングについては リスニングをセンターで使うだけという方はリスニング無しの文1型か文2型でいいってメールが来てました!

大阪の公立の高校入試の英語はB方式は長文読解2題、リスニング、30語の自由英作文がメインとなってくる。長文読解と英作文 記述式の英作文は普段やっていないのである程度の練習量が必要。なら対応できるが 公立ではあまりやってくれそうにない。

返信先:@negisyonen リスニング中に大音量で流した選挙カー。 バス停を占拠し、バスから怒りのクラクション。 選挙カーが占拠…何言ってんだ俺

大阪の公立の高校入試の英語はB方式は長文読解2題、リスニング、30語の自由英作文がメインとなってくる。長文読解と英作文 記述式の英作文は普段やっていないのである程度の練習量が必要。なら対応できるが 公立ではあまりやってくれそうにない。

大阪の公立の高校入試の英語はB方式は長文読解2題、リスニング、30語の自由英作文がメインとなってくる。長文読解と英作文 記述式の英作文は普段やっていないのである程度の練習量が必要。なら対応できるが 公立ではあまりやってくれそうにない。

大阪の公立の高校入試の英語はB方式は長文読解2題、リスニング、30語の自由英作文がメインとなってくる。長文読解と英作文 記述式の英作文は普段やっていないのである程度の練習量が必要。なら対応できるが 公立ではあまりやってくれそうにない。

小学校の頃に英会話のに通ってたけど 週一の頻度だったからか全然身につかなかった記憶があります しかし その後の学業でリスニングは最初から高い点数を維持していたので やはり、かけがえのない価値があったんでしょうね😊 でも"girl"が”ぐれろ”みたいにしか聞こえなかったなぁ🤔 通う頻度が大事?